第65回日本リウマチ学会総会・学術集会

日本整形外科学会 教育研修単位について

取得単位数の上限について

日本整形外科学会の方針により、教育研修単位の取得単位数上限が下記の通り変更となります。
開催形態変更により、会場参加での受講および単位取得はありません。第65回学術集会での取得単位数上限は、最大12単位(WEB参加)のみになりました。(4/8更新)

第65回学術集会 最大12単位

対象講演は、共催セミナー(ライブ配信)および教育研修講演(オンデマンド配信)

アニュアルコースレクチャー 最大4単位

オンデマンド配信(ランチョンセミナーのみライブ配信)

同一講演または同時間帯に開催する講演を重複して受講することはできません。

日本整形外科学会 教育研修 単位取得認定講演一覧 参照

単位取得方法について

参加登録を行う。

参加登録システムにログインし、日整会教育研修単位(WEB受講)申込を行う。

1単位1,000円のお支払いが必要です。

お申込後の変更(キャンセル)はできません。追加のお申込はいただけます。

クレジット決済のみになります。

受講申込(1単位1,000円のお支払い)は、講演視聴前にお願いいたします。

共催セミナーについてはライブ配信日、教育研修講演についてはオンデマンド配信期間に視聴

講演を初めから最後まで視聴する(早送りは不可)

視聴終了後10分以内に設問に解答する(正解するまで繰り返し回答可能です)

解答開始後の解答時間は、領域講習(設問1題、5択形式)では30分以内、共通講習(設問5題、5択形式)では60分以内とします。

注意事項

日本整形外科学会からの通達により、以下の場合、単位取得は認められませんので、よくご確認をお願いいたします。

不正受講等の禁止

日本整形外科学会の方針により、不正受講(早送りや複数デバイスによる受講)、またはそれらについてSNS等で情報を拡散する事等は禁止されており、単位の不認定は当然の事、厳正に対処します。絶対にお止めください。

WEB参加(ライブ配信)

  • 視聴開始履歴がセッション開始10分を過ぎている場合
  • セッション中に途中退場された場合

WEB参加(オンデマンド配信・ライブ配信共通)

  • 視聴ログの確認ができない場合
  • 解答時間制限内に設問回答をしなかった場合(正解するまで回答必須)※

認定分野1~13・14-5は1演題1問の設問合格、14-1~14-4は1演題5問の設問に4問以上正解することが必須です。

30分2演題(教育研修講演・共催セミナー)のセッションで単位取得する場合、両演題を必ず視聴し、計2問の設問に 合格する必要があります。

単位取得が認められかった場合も申請料の返金はできかねます。

単位付与の時期について

会期終了後、データを確認し単位登録処理を行いますので、通常よりお時間いただきますがご了承ください。

  • 一般社団法人 日本リウマチ学会
  • APLAR2021

ページの先頭へ